covid blue

COVID-19:
歯科用エアロゾルについて

EMSからのご案内

歯科用エアロゾルにおける参照情報と推奨対応

 

重度の急性呼吸器症候群コロナウィルス2(THE SARS-COV-2)によって引き起こされている、世界的な流行病、コロナウィルス疾患2019(COVID-19)は、歯科医療に大きな課題を提起します。

ウイルスは口、鼻、喉から検出される可能性がある為、歯科治療由来のエアロゾルがその要因の一つとなりうる可能性があります。エアロゾルについてご参照頂ける情報を共有させて頂きます。

主な感染経路は飛沫感染です。参照文献1

最近の研究によると、今までの社会生活環境下ではエアロゾルを介した重度の急性呼吸器症候群コロナウィルス2の感染を回避できない可能性が懸念されています。現段階では、専門家の方々の意見も様々です。参照文献2

エアロゾルは液滴やスプレーミストとは異なります。

粒子が50μm未満と小さいため、数メートル離れたところまで飛散し、空気中で最大30分検出可能です。参照文献3

どうすれば歯科用エアロゾル感染を軽減できるのでしょう?

クロルヘキシジン溶液を用いた術前の洗口を30~60秒間使用するとエアロゾル中の細菌負荷が最大70%減少することが文書化されています。参照文献4.5.6

しかしながら、クロルヘキシジンはコロナウイルスにはあまり効果は期待できません。参照文献7.8

濃度0.5%もしくはそれ以上の濃度での過酸化水素を使用した洗口がウイルスを効果的に不活化することが証明されています。参照文献9.10

約1%のポピドンヨードを含む洗口剤も有効だとされています。参照文献8

それぞれの治療開始前に1.5%過酸化水素水もしくは1%ポピドンヨード溶液を使用した60秒間のうがいと洗口をお奨めします。参照文献2

30分後にも同様にうがいと洗口をしてください。

口と鼻を保護できる大きさのマスク、ゴーグル、フェイスシールドを正しく使用し、歯科用器具を効率的、かつ安全に滅菌することが必要不可欠です。

エアフローおよびピエゾンハンドピース、そしてピエゾンチップも処置後は滅菌をしてください。

消毒液での表面清掃、吸引装置の洗浄は必ず実施してください。

治療室の換気も、強く推奨されています。参照文献11

エアロゾルの生成をどのように軽減できますか?

一般的に治療で使用されるモーター用のコントラアングルとタービンハンドピース、音波および超音波器械、3ウェイシリンジ、エアーポリッシング器械などの歯科用器具・器械がエアロゾルを発生させます。参照文献12

最適な排唾管の併用と組み合わせて、少なくとも毎分300ℓの空気吸引量のある口腔内バキュームを使用すると、エアロゾルの生成を効果的に軽減できます。参照文献12.13

フォーハンドでの治療は最適な吸引が可能です。参照文献14

ツーハンドにおける歯面清掃では、適切なバキュームテクニックと同時に簡易的防湿ラバーダムを併用して頂くとエアロゾルの発生を軽減できることにつながります。

その他情報と推奨事項

ピサ大学のフィリッポ・グラツィアーニ教授による科学文献「COVID-19感染症の伝染:イタリアにおける予防策のレビュー」をご参考ください。グラツィアーニ教授は欧州歯周病学会(EFP)とイタリアの歯周病インプラント学会の前会長を務めた方です。(A)

バイエルン州歯科院とバイエルンの法廷健康保険協会の歯科医師は「歯科治療:COVID-19にも関わらず歯科診療ではリスクは増加しない」と安心感のある言葉で患者の診療に対処しています。(B)

新しいコロナウィルスSARS-CoV-2の特徴は、長期にわたり症状が持続し、まるで恒常性を保つバイオフィルムのようです。患者様の歯の健康のためにGBTがさらに貢献できる日を心待ちにしています。

そして何よりも皆様の健康を祈念いたします。

令和2年4月29日


                                                              

 mensi signature        lussi signature          wildgen signature BASTENDORF SIGNATURE                                             

 Prof. M. Mensi                        Prof. em. Dr. med. dent                Dr. med. dent.                  Dr. med. dent.
            DDS,                                  Dipl. Chem. Ing. ETH                   S. Wildgen                    K. D. Bastendorf 
          Brescia                                      Adrian Lussi                               Munich                            Eislingen
                                                                  Bern     

参考文献とリンク集:

A. «COVID-19 Transmission in Dental Practice: Brief Review of Preventive Measures in Italy» by Prof. Filippo Graziani, University of Pisa.

B. «Dental treatment: No increased risk in dental practices despite Covid-19».

1. Yang HY, Duan GC (2020) Analysis on the epidemic factors for the Corona Virus Disease. Zhonghua Yu Fang Yi Xue Za Zhi 3;54(0):E021 doi: 10.3760/cma.j.cn112150-20200227-00196

2. https://www.rki.de/DE/Content/InfAZ/N/Neuartiges_Coronavirus/Steckbrief.html

3. Drisko CL, Cochran DL, Blieden T, Bouwsma OJ, Cohen RE, Damoulis P, Fine JB, Greenstein G, Hinrichs J, Somerman MJ, Iacono V, Genco RJ (2000) Position paper: sonic and ultrasonic scalers in periodontics. Research, Science and Therapy Committee of the American Academy of Periodontology. J Periodontol 71(11):1792-801.

4. Gupta G, Mitra D, Ashok KP, Gupta A, Soni S, Ahmed S, Arya A (2004) Efficacy of preprocedural mouth rinsing in reducing aerosol contamination produced by ultrasonic scaler: a pilot study. J Periodontol 85(4):562-8. doi: 10.1902/jop.2013.120616

5. Harrel SK (2004) Airborne spread of disease­the implications for dentistry. J Calif Dent Assoc 32(11):901-6.

6. Narayana TV, Mohanty L, Sreenath G, Vidhyadhari P (2016) Role of preprocedural rinse and high volume evacuator in reducing bacterial contamination in bioaerosols. J Oral Maxillofac Pathol 20(1):59-65. doi: 10.4103/0973-029X.180931.

7. Baqui AA, Kelley JI, Jabra-Rizk MA, Depaola LG, Falkler WA, Meiller TF (2001) In vitro effect of oral antiseptics on human immunodeficiency virus-1 and herpes simplex virus type. J Clin Periodontol 28(7):610-6.

8. Kampf G, Todt D, Pfaender S, Steinmann E. (2020) Persistence of coronaviruses on inanimate surfaces and their inactivation with biocidal agents. J Hosp Infect 104(3):246-251. doi: 10.1016/j.jhin.2020.01.022.

9. Caruso AA, Del Prete A, Lazzarino AI, Capaldi R, Grumetto L (2020) May hydrogen peroxide reduce the hospitalization rate and complications of SARS-CoV-2 infection? Infect Control Hosp Epidemiol 22:1-5. doi: 10.1017/ ice.2020.170

10. Mentel’ R, Shirrmakher R, Kevich A, Dreĭzin RS, Shmidt I (1977) Virus inactivation by hydrogen peroxide. Vopr Virusol (6):731-3.

11. Izzetti R, Nisi M, Gabriele M, Graziani F (2020) COVID-19 Transmission in Dental Practice: Brief Review of Preventive Measures in Italy. J Dent Res 17:22034520920580. doi: 10.1177/0022034520920580

12. Graetz C, Bielfeldt J, Tillner A, Plaumann A, Dörfer CE (2014) Splatter contamination in dental practices – how can it be prevented? Rev Med Chir Soc Med Nat, Iaşi 118(4):1122-34.

13. Reitemeier B, Jatzwauk L, Jesinghaus S, Reitemeier C, Neumann K (2010) Effektive Reduktion des Spraynebel- Rückpralls - Möglichkeiten und Grenzen ZMK 662-673.

14. Meng L, Hua F, Bian Z. (2020) Coronavirus Disease 2019 (COVID-19): Emerging and Future Challenges for Dental and Oral Medicine J Dent Res 99(5):481-487. doi: 10.1177/0022034520914246

prevent and protect teaser

新しい未来にむけて

予防と対策 - オンライン・デンタルサミット

デンタルサミットでご紹介した最新情報を動画にてご確認ください。ご紹介した新しい知見、対策を参考にCOVID-19状況下と収束後の歯科診療にお役立てください。

magda mensi gbz ce
COVID-19 無料ウェッビナー

COVID-19による危機的状況下における非外科的歯周病学の管理