ステップ4
歯肉縁上・縁下の
エアフロー

バイオフィルム、ステイン、早期歯石を天然歯、補綴物、インプラント周囲から除去します。統一された手順で清掃を行います。

Airflow icons 16/9 JP
no

齲蝕、歯肉炎、歯周炎、粘膜炎およびインプラント周囲炎の主病因排除をより確実にします。 エリスリトール配合のパウダープラスを使用することで、エアフローハンドピースは、患者の快適性を向上させるため、侵襲性を抑えつつ歯肉縁下4mmまでの歯肉溝内のバイオフィルムを除去することができます。パウダー レモン味は、コーヒー、赤ワイン、タバコの多量摂取による重度の外因性ステインや色素沈着を取り除くことができます。

no
ラバーカップとプロフィーペーストでは清掃しきれません

•    歯間空隙部、特に歯列叢生のある患者さん
•    露出根面
•    小窩裂溝
•    矯正ブラケット


エアフローを使用したGBT治療

general dentistry logo
予防歯科/一般歯科
  • エアフローは、天然歯、インプラント、修復物/補綴物や矯正装置などの歯肉縁上および縁下からバイオフィルムやステイン、早期歯石を除去し、予知性の高い予防歯科を治療を実現します。
  • エアフローとパウダープラスは、歯肉など周辺軟組織から安全かつ快適にバイオフィルムを除去します。
  • エアフローは、小窩裂溝、隣接面、叢生部位、クラウンの下縁、インプラント周囲溝、歯肉退縮部位、矯正装置など、アクセスが難しい部位から、効果的かつ侵襲性を抑えた方法でバイオフィルムを除去します。
  • エアフローは、白斑および齲蝕の早期発見を助け、それによって侵襲性の高い歯科治療を選択する必要が低減できます。
  • エアフローは、天然歯、インプラント、修復/補綴物、軟組織の機能維持に有益です。
ORTHODONTICS
矯正歯科
  • エアフローにパウダープラスを併用すると、効果的に矯正装置周辺のバイオフィルムを除去することができます。
  • エアフローは、矯正ブラケット周囲に容易にアクセスし、清掃することができます。その際、ワイヤー、リガチャーやエラスティックゴムは外す必要がありません。
  • エアフローとパウダープラスは、ブラケット表面を傷つけたり、表面性状に変化を与えずにバイオフィルムを除去し、接着強度に影響を与えません。
  • パウダープラスは、歯肉や軟組織にあたっても快適さを損なわないため、患者さんにも受け入れられやすい治療が行えます。
IMPLANTOLOGY
インプラント
  • エアフローとエアフローパウダープラスはインプラント メインテナンスにおける効率的でより安全なバイオフィルム除去へユニークな方法を提供しています。
  • エアフローとエアフローパウダープラスは侵襲を抑え、インプラント、アバットメントや補綴物表層を傷つけないようになっています。
  • エアフローとエアフローパウダープラスは快適で軟組織の周辺に用いても安全にメインテナンスがおこなえます。
もっと見る

なぜ研磨ペーストが不要なのか?

tooth enamel surface

清掃前の残存バイオフィルム

天然歯のエナメル小柱は、容易に認識できます。写真は、次亜塩素酸ナトリウムで全滅した細菌の残骸を示しています。

tooth enamel after polishing

低研磨ペーストによる「研磨」後

重要なエナメル小柱は研磨されています。 ペーストが傷をつけました。バイオフィルムは自然な裂け目に広がっています。 全体的に研磨ペーストを使用すると、貴重なエナメル質が失われます。歯面の改善はほとんどありません。

tooth enamel after cleaning with AIRFLOW

エアフローパウダープラスによる清掃後

バイオフィルムはエアフローで除去されました。表面は、エナメル小柱質間まで清潔です。摩耗はありません。エナメル小柱はそのままに、表面は非常に滑らかです。舌で歯のざらつきを感じることはなくなり、研磨ペーストで「磨く」必要はありません。エナメル質を保全して治療時間を節約しましょう。


airflow handpiece

エアフロー
ハンドピース

AIRFLOW PLUS POWDER

エアフロー
パウダー
プラス