Guided Biofilm Therapy(GBT)は、臨床的エビデンスに基づいて構築されたシステマチックなバイオフィルム管理のプロトコール(手順書)です。臨床家がエアフロー、ペリオフロー、ピエゾン技術を用いて、歯面、歯肉、インプラントを清掃し、予防やメインテナンスをおこなう際の基本手順を提唱しています。

全ての処置歯とインプラント補綴における口腔衛生対策

  • まずは洗口液で洗口する
  • 歯・歯肉・歯周組織を評価する
  • インプラントとインプラント周囲組織を評価する

バイオフィルムの可視化

  • 染出し液で染出しされたバイオフィルムと問題のある部位を患者さんに説明する
  • 染色がバイオフィルム除去の目安になる
  • バイオフィルムが除去されると、歯石の検出が容易になる

患者さんの意識向上と指導

  • 予防の重要性を強調する
  • 口腔衛生について患者を指導する
  • 個々の患者さんに合わせた清掃器具を推奨する

バイオフィルム、ステイン、早期歯石を除去

  • 天然歯、修復物、インプラントには、エアフローを使用する
  • 14μmのエアフローパウダープラスを用いて、歯肉縁上、最深4mmまでの縁下のバイオフィルムを除去する
  • エアフローパウダーレモンを使用して、エナメル質上に残っているステインを除去する

4㎜から9㎜までの歯周ポケット内にあるバイオフィルムを除去

  • 天然歯の深いポケット内、根分岐部やインプラント周囲粘膜炎には、エアフローパウダープラスを使用する
  • ポケットの深さがわかる目盛り付きのペリオフローノズルを使用する

残った歯石の除去

  • 歯肉縁上と縁下10mmまでには、低侵襲のピエゾンチップPSを用いる
  • 10㎜以上のポケットにはミニキュレットを用いる
  • 縁下3mmまでのインプラント補綴周囲や修復物には、ピエゾンチップPIを使用する

患者さんを笑顔に

  • バイオフィルムの取り残しがないかどうか最終確認をする
  • 歯石が完全に除去されたかをチェックする
  • 齲蝕の有無を正確に歯科医師が診断する
  • 歯面にフッ素を塗剤して保護する

歯肉の健康=生活の向上

  • リスク分析に従い、リコール時期を計画する
  • 患者さんに治療の評価をしてもらう
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
AFPMwithMax

エアフロー プロフィラキシスマスター

エアフロープロフィラキシスマスターは、ガイド付きバイオフィルムセラピーのために開発された最新のEMS製品です:齲蝕予防、歯周病予防やメインテナンスのための解決策です。

/

ピエゾンチップ PS

歯石の効果的な除去とスマートピエゾン機能が相乗効果をもたらします。

bottle

エアフロー パウダープラス

エアフローパウダープラスは、エリスリトールを主成分にしています。そのため、歯肉縁下も含め、様々な部位や症例にお使いいただけるオールラウンドなパウダーです。

ご登録のメリット:

ご登録のメリット:

/

メディアセンター

メディアセンターでは、カタログ、画像、ビデオなどがダウンロードできます。

製品やサービスについて

EMS製品やサービスについてご不明な点やお困りごとがある場合、協議なサポートをご提供させて頂きます。

 

 
 
 

最新ニュース

EMSニュースレターはこちらからご登録ください。メールをつうじて最新ニュースや、製品利用のコツ、マルチメディア情報などをお届けします。登録が完了後、登録確認のメールが届きます

 

このお問い合せフォームに提供いただいた個人情報は、お問合せ内容に応じたサービスを提供するために用います。当社は、お客様のご同意なく個人情報を第三者に対して、提供することはありません。個人情報保護ポリシーについては、こちらからご参照ください。
詳細については、EMS プライバシー ポリシーをご覧ください。

お問い合わせ

EMS Japan K.K.

電話番号: